<<色白は七難隠す>>

「色白は七難隠す」とはよく言ったもので、確かにお肌がキレイだと美人じゃなくてもなんとなーく可愛く見えたりすると思いませんか。

美白ブームとかシミ・ソバカス撲滅がスキンケアの主流の昨今ではありますが、みんな基本はキレイになりたい、ただそれがすべてだと思います。

そんな色白ですべすべキレイなお肌になりたくて、日々研究(というほど大そうなことはしていないけど)しています。

ありがたいことに、生まれたときから色白だったので、これに関しては親に感謝したいとつくづく思います。

しかし色白ゆえの悩みというか、子どもの頃から肌が弱かったのです。肌が白い人は色素が薄いとかで肌が弱い人が多いようですね。

市販のスキンケアやコスメでは肌が荒れたりするから買ったり使ったりすることには、慎重になってしまいました。
それがコスメマニアになった起点かなと今になって思います。

女性にとって肌の悩みは重要な悩みですよね。

成人してからアトピーに悩まされた私は人生のどん底に突き落とされたような気分でした。

顔の肌が荒れるというのは辛いです。

会う人会う人に「大丈夫?」とか「どうしたの?」とか聞かれることが辛かったです。
顔って人と出会ったときに、まず視界に入るところですから気になりますよね。
頭ではわかっていても、親切心でかけてくださった言葉にすら傷つきました。

しばらく薬を使っていたので、お化粧も出来なかったし、鏡を見ることすら嫌になりました。
でも試行錯誤の末、肌が少しずつ良くなり始めました。

それからは、お肌のためによいスキンケアをしたり、やっとお化粧が出来るよろこびに目覚め、スキンケアやコスメを楽しめるようになりました。

スキンケアの選びかたですが、安いからダメというものではないのですよね。
安くてもいいものもたーくさんあります。

そしてお値段が高いものはやっぱりそれなりにいいです。
しかしお値段が高くても肌に合わないものもありますよね。

お肌の質は十人十色ですから。

最近のスキンケア用品やコスメは肌質のタイプを細かく記載してあるので参考にはなりますが、やっぱり使ってみないとわからないですよね。

そんな時に頼りになるのは、口コミや評価です。

もちろん人それぞれによって感じ方も違いますから、一概には参考にはできませんがそれでも使った人の感想って自分が試す上での重要な決定要素になるはずです。

私自身が体感した感想やオススメのコスメなどを紹介できればいいなと思います。

そして私のようなお肌の悩みの人が1人でも少なくなることを期待して。

コメントを残す